どうでもいいことに細かい上司『7つの心理』と『4つの対応方法』

目次

どうでもいいことに細かい上司!「どうでもいいこと」への執着する背景

「どうでもいいことに細かい上司」

この言葉に、多くの人が共感することでしょう。上司の細かいことを気にする背景には、自分の経験や信念、さらには潜在的な不安やプレッシャーが影響しています。

皆さんの周りにこんな「どうでもいいことに細かい上司」はいませんか?

  • 細かい指摘に対応するための時間が多くなり、業務効率が下がってる気がする
  • 上司の意図が理解できず、不安やストレスが溜まる
  • 常に監視されている感じがして、仕事がしにくい
  • 小さなミスがなぜか大問題視される
  • 上司の指摘に対応するため、本来の業務がおろそかになる。

 

福祉関連勤務
通勤用リュックに関しても見栄えが悪いので、手で持てるビジネスバッグを購入するように指示された。安い買い物ではないので、そこまでいうなら費用を出してほしいと思いました。

この記事では「どうでもいいことに細かい上司」の理由を理解して、気持ちよく仕事をしていくための「対応方法」まで説明します。

 

執筆者
大学卒業後、メガバンクにて10年以上の勤務経験を持つ元銀行員。経験豊富なファイナンシャルプランナーとして、1000件以上の相談(資産運用、相続、保険見直し、住宅ローン等)を受け付けた。証券外務員一種・二種の合格実績を持ち、資産運用のコンサルティングから金融商品の提案・販売まで、多岐にわたる業務を専門的にこなしました。
【関連記事】
銀行員のあるあるをまとめた記事はコチラ

どうでもいいことに細かい上司①:自分の思い通りにしたい

どうでもいいことに細かい上司の背景のひとつに、「自分の思い通りにしたい」という意識が潜んでいます。

このタイプの上司は、自分の信念や経験が強く反映されていることがあります。この細かさは、実は上司が抱えている不安やプレッシャーからくることも少なくありません。

例を挙げると、企業の中で結果を出し続けるプレッシャーは皆さんだけではなく上司もあります。それは絶えず続きます。

良い結果を保証するための方法として、自ら持っている信念や経験を「正しい方法」として、部下に強要していることがあります。

 

どうでもいいことに細かい上司②:私はいつも見ているよ!という「アピール」

細かいことを言う上司の背景にある二つ目の理由は、「私はいつも見ているよ」という周囲へのアピールが隠れていることがあります。

なぜなら、上司が部下に向けて「自分の存在感」を示すため、また、「権威」を示すための一つの手段として、「ささいなことまで気を配っているように見せる」ことも。

心理学的にみると、確認行動や監視は、自分の地位や権限をアピールする手段として用いられることがあるのです。特に、自分の地位に不安を抱えていたり、新しい役職に就いたばかりの上司は、部下に対して自分の存在感を示し、際立たせたいという気持ちが強くなるケースがあります。

どうでもいいことに細かい上司③:部下とコミュニケーションを図りたい

上司は意外にも「部下とコミュニケーションを図りたい」という意図が隠れていることも。

上司と部下は立場が違います。同僚同士で話すのとは訳が違います。そのため、いつでも上司と部下の関係が良好とは限りません。

ましては部署内の人数が多くて、上司はひとりひとりと接する時間があまり取れないこともあります。

そこで、上司は指導を通して、部下との接点を増やしたいと思うことも出てきます。

部下からすると『別に業務の話でコミュニケーションを取らなくていいじゃん』と思うでしょう。

上司からすると、「部下とのコミュニケーションが密になった」「自分の指導で部下がまたひとつ仕事の知識が増えた」と感じています。

 

心理学においても、「細かいフィードバック」は、効果のある方法で正しく行われると「部下の能力向上」や「モチベーションアップ」に繋がることも。

その反面、フィードバック方法が適切ではないと、逆に部下のモチベーションが低下さがるとされています。

 

どうでもいいことに細かい上司④:部下のミスは「自分のミス」

どうでもいいことに細かい上司は、部下のミスを「自分のミス」として捉える傾向があります。

上司の考え方の背景には、部下が小さいミスをしたことによる、自分の指導力不足や、組織の管理不足を指摘され「信用失墜」への恐れが存在ています。

この行動がどのような影響を及ぼすことになるのでしょうか。

当然ながら、部下は細かいミスを指摘されることでストレスを感じることが多く、自らの業務に対する自信を失うことが考えられます。

部下の自信と成長を妨げることなく、組織の健全な発展を促すためには、細かく指摘するのではなく、「指導とサポートのバランス」を適切に取ることが重要。

 

どうでもいいことに細かい上司⑤:過去の失敗やミスから、再び同じことが起きないようにしたい

失敗やミスは誰にでも起こります。どうでもいいことに細かい上司は、部署内や自分自身で起こした過去の失敗やミスを繰り返さないように、特に気を使う傾向が見られます。

過去の失敗やミスと同じことが起きないように、上司はその信念。信念が強いため、どうでもいいと思うようなことにも細かくなることがあります。

組織への熱い思いや強い責任感があることもその理由。

ただし、その熱意が行き過ぎると、部下にプレッシャーを与えてしまう恐れがあります。

 

どうでもいいことに細かい上司⑥:過度な不安から、細部まで確認したくなる

上司が行う「過度な確認」は、リスク管理のひとつであるとも考えられます。

部下が行った仕事の全てをチェックすることでミスのリスクを下げる効果はあります。

しかし、細かすぎるチェックは、結果として部下の自主性や意欲を削ぐことも。

どうでもいいことに細かい上司⑦:上司は不慣れな分野の仕事は分からない

「どうでもいいことに細かい上司」は、上司が不慣れや初めての仕事に対して不安を感じ、細部まで確認したくなることがあります。

上司が経験したことがない分野やプロジェクトだと、上司は余計に神経質になります。部下からすると普通の業務でも、上司からすると「未知の業務」かもしれません。部下からすると効率的な仕事の進行を妨げ、ストレスを生む可能性があります。

このようなケースは上司が他部署から異動してくるケースに多く見受けられます。

新しい仕事に取り組む際、上司もまた初めての経験。何が正しいのか分からないことが多い。

そのため、細部まで確認したくなるのは自然な反応と言えそうです。

 

どうでもいいことに細かい上司の背景を生む職場環境:なぜ上司はどうでもいいことにこだわるのか?

ミクロマネジメント: 上層部や上司が細かい部分まで管理や指示

職場において、「どうでもいいことに細かい上司」は、上司の性格のだけでなく、会社の文化や職場環境が関係することがあります。

特に、組織内で「ミクロマネジメント」という現象が見られる場合、上司の細かい指示や管理が顕著。

ミクロマネジメントは、部分的には組織の生産性向上を目的としていますが、過度に行われると逆に生産性を低下させます。

部下の自主性や創造性が阻害されるばかりか、上司自身が大局的な視野を誤ることがあるのです。

 

過去の失敗の焦点: 以前の小さなミスや失敗がいつまでも引き合いに出される

「どうでもいいことに細かい上司」の特徴として、部下が以前に犯したミスを事あるごとに引き合いに出すタイプです。

このような上司の行動の背景には、過去の失敗を再び繰り返させないための予防策としての意味合いがあるかもしれません。

たとえば、あるプロジェクトでの小さなミスが組織全体の大きな損失につながった経験がある場合、上司はそのミスを繰り返させないために、似たような状況での細かいチェックや指摘を部下に繰り返すことも。

しかし、過去の失敗を常に前面に出すことは、部下の自信を奪ったり、新しい挑戦から遠ざける可能性があります。

上司からネチネチと以前のミスを言われたら、部下としてはたまったものではありません。

他にもこんなこと:ミスに厳しい。無駄が多い。職場の「上司を立てる」昔からの企業文化

細かいことを気にする上司の存在は、多くの会社で見受けられます。

しかし、この背景には「ミスに厳しい」姿勢や「無駄が多い」業務運営、さらには「上司を立てる」という歴史的な企業文化が影響。

まずミスに厳しい点について考えてみます。

多くの上司が完璧な成果を求めるあまり、小さなミスにも敏感になりがち。

従業員が細かいミスを犯すたびに指摘を受けることは、職場の緊張感や不安感に繋がります。

次に、無駄な業務や報告が多い現状も問題。

これは、上司が細かい点まで把握したいという考え、従業員の行動を管理したいという考えからきています。

しかし、それにより業務の効率性が低下し、従業員のモチベーション低下を招くことも少なくありません。

また、日本の伝統的な企業文化では、上司を絶対視する風土が根付いています。

「上司の意見や判断が絶対」

それに異を唱えることは疎まれることが多い。

このような文化は、上司の立場を強化する一方で、部下の自主性や意見を尊重する風土の構築を阻害する要因となります。

組織の健全な成長や従業員の働きやすい環境を構築するためには、これらの問題を改善することが必要。

 

どうでもいいことを気にする上司への「適切な対応術」

多くの職場には、どうでもいいことを気にする上司がいるものです。

どうでもいいことに細かい上司に対して、ストレスを感じずに日々の業務を進めるための対応術をご紹介します。

 

対処法①:「わかりました」と素早くタイミングよく返答。上司が言ったことを復唱

細かい点を指摘された際、反論や弁解をすると、話が長引くことがあります。

そんな時は、素早く「わかりました」と返答し、上司が指摘した内容を簡潔に復唱する方法が効果的。

これにより、上司はあなたがちゃんと指摘内容を理解し、受け入れていると感じます。

例えば、細かい報告書の書き方について注意された場合、上司が「報告書のフォーマットをこうしてください」と言ったならば、「フォーマットをそのように修正します」と簡単に復唱するだけで良いのです。

対処法②:とりあえず「ありがとうございました」と感謝の意を示す

どうでもいいことに細かい上司から指摘や要求があった場合には、上司との対立を避けるために「ありがとうございました」と会話の最後に感謝の意を示してしまうこともアリ。

細かな指摘を「アドバイス」と捉え、上司の意見を受け入れる姿勢を見せることで、上司との関係性を良好に保てます。

 

対処法③:伝え方を工夫する

どうでもいいことに細かい上司とうまく関係を築くために伝え方を工夫してみましょう。

具体的には、上司が何を求めているのかを先に把握し、上司が求めそうな情報を先に伝えましょう。

たとえば、上司が特定のデータに細かくこだわる場合、そのデータを上司に報告。上司に何か言いたくなるタイミングを与えないようにします。

データを持って説明された上司は不安を感じることがなくなるでしょう。

対処法④:なるべく関わらない。上司と距離を保つ

どうでもいいことに細かい上司から距離を保つことは、精神的な安定を保つための有効な方法の一つ。

具体的には、不要なコミュニケーションを減らし、自分の業務に専念することで、不要なストレスを避けましょう。

しかし、この方法は短期的な対策であり、長期的な関係を築くには、上司の要求や期待を理解し、円滑なコミュニケーションを心掛けることが必要になってきます。

 

【体験談】 わたしの「どうでもいいことに細かい上司」

ここでは実際に体験した様々な業種の方からヒアリングした「どうでもいいことに細かい上司」の経験をまとめました。

あなたの身の回りにも同じような経験をされた方もいるのではないでしょうか?

エンターテイメント業
正月の飾りの準備の為に、鏡餅を購入してと言われたのですが、去年と同じメーカーのものがネットで買えなかったので違うものを購入しようとしたら、「ここ去年と違うけど餅おいしいの?」と詰められて結局同じものを買いにスーパーをまわった。餅の味とかどうでもいいとしか思えなかった
製造業
昔、資料を作成した際に確認をしてもらったところ、少しの区間だけで明朝体などの文字が異なっていた部分があった。かなり似ていたので全く気づかなかったが、その単語の違いに後から気づいた。最初は気にしないようだったが、後になってやはり気になったようで、指摘された。その人は特有の独自ルールを持っており、接するのが難しい。また、棚の周りにはラインテープを貼って、その中に棚を配置するようにしている。しかし、その人はミリ単位でずれているとすぐに指摘するような性格だった。
メーカー勤務
訪問先へ移動中の車の中で、直属の上司から「そういえば〇〇さん、トイレの回数が多いよね」と言われた。私の仕事は主にデスクワークで、エコノミー症候群を防ぐためにも、確かに意識的に定期的に席を立つようにしている。しかし、そのような生産性のない雑談には少し違和感を感じた。私は「2時間以上座り続けると寿命が縮むと言われていますよ」と返答したが、なぜ彼は人の些細な行動まで気にするのだろうと疑問に思った。
事務職
私が主に担当していた顧客のリストに、私しか見ないようなメモを(上司が)見つけた際に、「これは私さんだけのものだけど、もっときちんと書こうと思わないの?文字が乱れると性格も乱れるよ」と言われたとき、正直、「うるさいな」と思いました。
教育関連事業
プレゼンテーション用の資料を作成していた時、明日の発表を控えているにも関わらず、上司が文字のフォントに不満を持ち出しました。いつも使っているフォントで、特に読みにくいわけではないのですが、彼のこだわりで何時間も修正に追われました。内心、他にもやることがあるだろうと感じました。

絶対NG どうでもいいことに細かい上司に「してはいけない対応集」

 

どうでもいいことに細かい上司に適切に対応するためには、どのような態度やアクションが適切でないのかを知ることが大切。

ここでは、上司との関係が悪化するNGな対応をご紹介します。

NG対応①:納得していない態度を取る

上司からの指示やフィードバックに対し、顔や態度で納得していないことを示すのは、絶対にNG。

どうでもいいことを気にする上司はその態度にイライラと不安感を覚えます。

理由として、非言語的なコミュニケーションは、実際の言葉以上に強力な印象を与えることが知られています。

不機嫌な顔や冷ややかな目線は、上司の不安や不満を増幅させ、関係性の悪化を招きます

指摘内容に納得できない場合でも、冷静に理解を示す姿勢を保つことが、良好な人間関係の鍵

NG対応②:上司の言ったとおりに対応しない

どうでもいいことに細かい上司からの指示に対して、勝手に変更を加えたり、無視してそのまま仕事を進めることはNG。

たとえ、その指示が些細であると感じられたとしても、上司の指示には上司の意図が存在します。

それを無視する行動は、上司の信頼を損ねることとなります。

まとめ

この「どうでもいいことに細かい上司」の記事では、上司の細かさの理由と対応方法をご紹介しました。

上司が細かく気にする背景には、完璧主義や存在感のアピール、コミュニケーション欲求など様々な要因があります。

細かい指摘に対する上手な対応方法や実際の体験談を参考にして、過ごしやすい職場環境を築いてください!