おすすめオーダースーツ【はじめてでも失敗しない】選び方

初めてのオーダースーツ おすすめの選び方

この記事を読んでいる方の中で

  • 既製品のスーツでは購入したスーツのシルエットに納得がいかない
  • スーツが大きすぎて、だぼだぼに見える感じがする
  • すこし太ってきたので、きれいなシルエットがでるスーツが見つからない
  • 既製品のスーツは、上着に合わせてスーツを選ぶと、ズボンのサイズがいまいちあわない
  • 腕がながくて、スーツの袖が短いことがよくある

とおもったことがある方はいらっしゃいませんか?

 

スーツをオーダーして作れば、そのような悩みが解消されます。

オーダースーツで実現できること

  • よりおおくの体型に対応: 体型の微妙な変化にも、柔軟に対応が可能です。ひとりひとりにあわせて、サイズ調整ができます
  • 完璧なフィット感: オーダースーツはあなたの体型にピッタリと合わせて作られるため、最高のフィット感を実現します。これにより、身につけた瞬間から快適さを実感できます。
  • 自分だけの独特な体形に対応: オーダースーツは、片腕が長い、胴体が長いなど、一人ひとりの独特な体形に対応可能です。
  • 既製品のスーツでは得られない、完全に自分だけの形に合わせたスーツができあがります。

 

銀行員歴10年以上、FPとして1000件以上の相談を手がけた経験あり。メガバンクで資産運用、保険、住宅ローンなどの専門知識を深め、信頼と実績を築きました。また、スーツとYシャツのオーダーメイドにより、スーツやYシャツを仕立ててもらった経験あり(専門店から百貨店まで)。その知識を活かし、読者の皆さまに有益な情報をお届けします。

【関連記事】

銀行員のスーツの選び方の記事をまとめました。

オーダースーツ おすすめ 種類とその特徴

フルオーダー

フルオーダースーツとは、顧客の身体の詳細な測定に基づいて、スーツをゼロから作り上げる方式を指します。

これは、からだの各パーツのかたちや長さを考慮し、詳細に測定が行われます。

一般的に、多くの人がオーダースーツを想像する時、彼らが心に描いているのはフルオーダースーツでしょう。

さらに、フルオーダーでは、スーツのスタイル(シングルブレストやダブルブレストなど)、布地の種類と色、ボタンの形と数、ポケットのデザイン、裏地の色と素材、その他のデザイン要素(ラペルの形式、ベントの有無など)も顧客が自由に選べます。

フルオーダースーツは完全にオリジナルで作られるため、完成までには約2ヶ月以上の時間が必要です。

また、費用も高くなるため、オーダースーツの初心者には敷居が高いかもしれません。

しかし、オーダースーツに慣れてきたら、フルオーダーに挑戦することで、自分だけの特別な一着を手に入れることができるでしょう。

最近では、企業独自のキャンペーンや製造工程を変えることで、あまりオーダースーツを利用したことがない人でも、フルオーダーをしやすくなってきています

パターンオーダー

パターンオーダーとは、既存の型紙を基盤に、顧客の体型や好みに応じて一部のサイズを変更するカスタマイズしてつくる方法です。

具体的に言うと、普通の体形に適合する基準の型紙から始め、そこから各顧客の体形や希望に合わせて、袖の長さやジャケットの丈、パンツのウエストサイズなどを微細に調整します。さらに、ボタンの配置や生地の選択、ラペルの形状などのデザインを選択できます。

パターンオーダーは、フルオーダーよりも価格を抑えつつ、既製品よりも自分の体型に適したフィット感を提供するというメリットがあります。

特徴 フルオーダー パターンオーダー
採寸 体型に合わせて個別に行う 見本のスーツを着用して、個々のパーツのサイズ等を変更
型紙 一から作成(個々の体型に合わせて作る) 既存の型紙を使用
仮縫い あり(より精確なフィット感を得るため) なし
補正 補正の限界値なし、より詳細な調整可能 主に縦の長さ(袖丈、着丈、パンツの裾丈など)を調整
製作時間 パターンオーダーよりも長い(数ヶ月から半年程度) 数週間から2か月
費用(目安) 10万円前後~ 約4万円~
着心地 サイズが完全に合うため、最高のフィット感 既製服よりもシルエット良

 

オーダースーツ おすすめ 価格帯とその理由

オーダースーツを注文する前に、まず予算を決めておきましょう。

オーダースーツの価格は、生地の質やオーダーの種類等によって大きく異なります。あらかじめどの程度の予算内で、どのスタイルのスーツを求めているのかを考えておくとよいでしょう。

注意しなければいけないのは、セールやキャンペーンで表示される価格は、最も安価な生地で最もシンプルなオプションを選んだ場合のものです。

そのままでは少々地味な出来上がりになることがあります。したがって、キャンペーン価格から数千円高くなる可能性も考慮に入れ、余裕をもって予算設定を行いましょう。

オーダースーツ おすすめ 生地の種類と選び方

春:春には気温が上昇し始めますので、中程度の厚みがありながらもある程度の通気性を持つ素材が適しています。コットンや軽量のウール、リネンとウールの混紡素材がおすすめ。

夏:夏には暑さ対策が必要となります。そのため、通気性が高く薄い素材が適しています。コットンやリネンは通気性が高く、さらっとした着心地が特徴です。また、強撚ウールやホップサック織りも夏用の生地として人気。リネンは吸水性と速乾性に優れ、汗や水分を素早く吸収・発散する特性があります。シワになりやすいという欠点は、ウールや合成繊維と混紡することで改善されています。

秋:秋は日中と夜間の気温差が大きい季節です。そのため、適度な厚みと保温性を持ちつつも通気性のある素材が適しています。中重量のウールやカシミヤとウールの混紡素材がおすすめ。

冬:冬には寒さ対策が必要です。そのため、厚みがあり保温性の高い素材が適しています。重量感のあるウールやフランネル、ツイード、カシミヤなどが適しています。

オーダースーツ おすすめ サイズ選び

オーダースーツのサイズを決めるために、じぶんの体型についてすこしだけ理解しておいたほうがよいでしょう。

スーツをオーダーするときには、店員さんがあなたのからだの寸法を測ってくれたり、試着用のスーツを用意し、それに基づいて理想的なサイズを決定してくれます。

じぶん自身でも「じぶんの体形の特徴を把握しておく」と店員さんとのスーツのサイズ決めにおいて、よりスムーズにサイズ計測が進むでしょう。

 

もしくは、初めてオーダースーツを作る際には、事前に「現在のスーツで不満点を確認しておく」ことも効果的。

例えば、既製品のスーツでは袖丈が長すぎる、肩のあたりが窮屈、ジャケットの裾が長すぎるなど、既製のスーツでは改善が困難な部分をじぶんがスーツを着ている状態で説明してもいいでしょう。言葉だけでは伝わりにくいことが、スーツを着てお店におくことで「説明しやすく」なります。

「袖はここまでの長さで大丈夫ですか?」と聞かれた際に、「(どう答えれば良いのだろう)」と困ることがないように、自身の体型についての理解を深めておくこともいいでしょう。

もちろん、すべてをスタッフに任せるという選択もあります。しかし、後々後悔しないためにも、自身の体型を理解し、納得したうえでオーダースーツを仕立ててもらうとよいでしょう。

 

派手なスーツを着られない職業の方におすすめ

  1. : クラシックな色を選ぶと間違いありません。ダークブルー、ブラックなどの落ち着いた色を選びましょう。
  2. パターン: パターンはシンプルに保ちましょう。ストライプやチェックはある程度は許容されますが、あまりにも派手なデザインは避けるべきです。

オーダースーツ 試着・調整時の注意点

オーダースーツの選択において最優先すべきは、適切なフィット感を得ることです。

体にぴったりと合ったスーツは見た目への自信を与えますが、逆に体に合っていないスーツはあまり良い印象を与えません。

採寸時には、背筋を伸ばし、両腕を自然に横に広げ、リラックスした状態でいることが重要。

スーツはフィット感が必要ですが、同時に、あまりにもきつすぎず、動きやすさを保つための適度なゆとりも重要です。理想的なフィット感を実現するために、調整や修正を恐れずにリクエストすることが大切。

たとえば、「袖丈が少し長い気がしますが」「袖の部分をもう少し長くすべきでしょうか」といった質問をスタッフに投げかけると、適切な長さやその理由について教えてくれます。

 

オーダースーツ おすすめのオプションとは

オーダースーツの魅力は、微細な部分まで自分好みに仕上げることができる点です。

ボタンの数や種類、ポケットの配置、ラペルの形状、裏地の色選び、あるいは名前の刺繍や刺繍糸の色など、具体的なディテールに注目してみてください。

クラシカルなボタンから個性的なものまで、ボタン選び一つとってもスーツへの表情を大きく左右します。

ポケットは標準のものから増やすことも可能で、自由度の高いカスタマイゼーションが可能。

こうした細部へのこだわりが、オーダースーツ全体の印象や着心地に大きく寄与します。細かなディテールを見落とさずに、あなただけの一着を創り上げてみてください。

オーダースーツ おすすめ 納期について

パターンオーダーのスーツは、すでにある型紙を用いて、各個人のサイズに少ない修正を加えることで作られます。そのため、通常、製作時間は短く、注文から約1か月前後でスーツを手に入れることができます。

一方、フルオーダーのスーツは、顧客の個々の体型とニーズに完全に合致するように製作されます。そのため、型紙の作成、詳細な採寸、一次的な縫製、そして最終的な仕上げなど、多くの工程を経て製作されます。これにより、製作には通常、2か月~が必要となります。

メーカーやショップ、テーラーによっては、追加料金を支払うことで納期を早めるオプションが提供されていることがあります。また、キャンペーン時期などは注文が集中し、納期が変動することもあります。これらの理由から、具体的な納期は直接尋ねることをおすすめします。

これにより、要望と期待に最適なオーダースーツを選べるでしょう。

まとめ

オーダースーツは、体型、スタイルの好み、予算に合わせてつくれるため、購入するスーツの中で最も贅沢な選択といえます。

まずは、あなたのスタイルの好みと予算を明確にしましょう。

オーダースーツは価格帯が広範にわたるため、事前にどの程度の予算でどのようなスタイルのスーツを探しているのかを考えておくと、選択肢を絞りやすくなります。

次に、適切なフィット感を得ることが重要。体にぴったりと合ったスーツは自信を生む一方、フィット感が足りないスーツはその逆の効果をもたらす可能性があります。そのため、採寸時にはリラックスした状態で、そして正確に計測しましょう。

生地の選択も重要なステップです。生地はフィット感と同じくらい重要。

特に季節や着用シーンに応じた選択が求められます。また、ディテールに気を配り、ボタンやポケットの数、ラペルの種類、裏地の色などを自分の好みに合わせて選ぶことができます。

 

オーダースーツの選択は、スーツを選ぶ旅の一部であり、その過程自体を楽しむことができます。それは自分だけの一着を手に入れる、特別な体験となるでしょう。