銀行員のための革靴選びガイド【メンズ】

銀行員の革靴 はじめに

銀行員の皆さんが日々の業務に欠かせないのが「革靴」ですよね。

しかし、革靴選びで困った経験はありませんか?

品質や形状、色まで、見逃せないポイントがたくさんあります。

銀行員の革靴選び。

それはまさにあなたがどのようにビジネスシーンで認識されたいかを表現するひとつといえます。

 

銀行員としての靴選びでは、プロフェッショナルでありながらスタイリッシュなデザインを選ぶことが肝心。

履き心地の良さやサポート力はもちろん、銀行業界で働く人にとって洗練された印象を維持することがとても大切です。

今回の記事では、そんな革靴選びのポイントを詳しくご紹介します。

どう選べばいいのか困っている方、これから更に魅力的なビジネスパーソンを目指す方に是非、ご一読いただければ幸いです。

執筆者
大学卒業後、10年以上メガバンクで勤務。ファイナンシャルプランナーとして1000件以上の相談を受け付けた経験を持つ。資産運用から相続、保険見直し、住宅ローンに至るまで幅広い知識と実務経験を誇る。実際に銀行の職場でリーガルやスコッチグレイン、ストレートチップ、プレーントゥ、内羽根式、外羽根式など、様々な革靴を試すことでその知見を深めた。その実績と経験から信頼性と権威性を持つ執筆者が、皆さんの革靴選びをサポート。

 

銀行員のスーツ選びのポイント 選ぶべき色やデザインをわかりやすく説明

銀行員が革靴でブラウンを選ぶべきではない理由

「おしゃれでできる」ビジネスマンのイメージもある茶色の革靴。

しかし、銀行員の皆さんにとってはすこし注意が必要です。

それはなぜでしょうか?

その答えは「銀行員のフォーマルに対する考え方」にあります。

おおくの企業、特に銀行業界では、フォーマルな黒い革靴が標準的な装いとされています。

銀行員が履いている革靴は圧倒的に黒がおおい。

銀行では茶色の革靴はカジュアルな雰囲気があるとみられるケースがあります。

しかしこれは絶対的なルールではなく、企業文化やシーンによります。

そのため、最終的には働く部署の雰囲気で、革靴選ぶとよいでしょう。

 

 

銀行での茶色の革靴

さきほどの説明のように、茶色の革靴は銀行内でカジュアルな印象を持たれることがあります。

たとえば、銀行員が人事面接を受けるときには、「黒の革靴」が選ばれることがおおいといいうことも、その事実を裏付けとなる理由のひとつかもしれません。

しかし、注意すべきは「すべての茶色の革靴がビジネスシーンに適さない」ということではありません。

茶色の革靴でも明るすぎない茶色の革靴や、奇抜過ぎないデザインであれば、普段のビジネスシーンでも十分に活躍します。

その選択には職場の空気を判断するセンスが求められます。

銀行員の革靴選びとその手入れ

銀行員の皆様、毎日の仕事で着用する革靴は、どのように選び、どのように手入れをしていますか?

革靴選びとその手入れは、銀行員としての信頼性やプロフェッショナルさを左右します。

ここでは、銀行員の革靴選びとその手入れについて考えてみましょう。

革靴のマナー:銀行員として知っておきたいキホン

革靴選びの最初のステップは、「適切な色とスタイルの選択」です。

一般的には、銀行員の場合、黒か深いブラウンの革靴がビジネスシーンに適しています。

また、シンプルなデザインのものを選ぶことで、銀行ビジネスに対する真剣さと尊重の姿勢を示すことができます。

さらに、革靴のサイズ選びも重要です。

足にぴったりとフィットする革靴は、長時間の業務でも疲れにくく、快適さを保てます。

また、革靴の寿命も延びます。

革靴の選び方:銀行員が注意すべきポイント

革靴を選ぶ際には、ビジネスシーンに適したデザインや形状が重要。

特に、銀行員は、一流のプロフェッショナルを示すためにも、革靴選びには細心の注意が求められます。

革靴の形状:「内羽根」と「外羽根」の違い

革靴選びにおける第一のポイントは「形状」です。

「内羽根」と「外羽根」に違いがあります。

革靴の形状を分類する基本的な用語で、羽根とは靴紐が通る穴が開けられた部分(ベロ)です。

  • 内羽根は、ベロが靴の側面に縫い付けられ、外側から覆う形になっています。洗練された印象を与え、フォーマルなシーンに適しています。
  • 外羽根は、ベロが靴の中心に位置し、その両側がベロを覆う形になっています。カジュアルな印象を与え、多少カジュアルなビジネスシーンに適しています。

 

わたしは「内羽根」と「外羽根」を両方保有しています。「内羽根」のほうが、手入れで、クリームを塗るときに楽な印象があります。

革靴のデザイン:ビジネスシーンに適したスタイルの紹介

次に、ビジネスシーンに適した革靴のデザインについて考えます。

銀行員は、清潔で洗練されたイメージを保つことが求められるため、シンプルなデザインの革靴がおすすめです。

例えば、「ストレートチップ」は靴の先端に直線的なデザインが施されている革靴で、そのシンプルさから幅広いビジネスシーンに適しています。

また、「キャップトウ」は靴先に横一文字のステッチ(縫い目)があるデザインで、ストレートチップに比べて少しカジュアルな印象を与えますキャップトウもビジネスシーンで着用可能です。

革靴をローテーションで履く意味でも、両方を持っていてもいいですね。

履き心地とサポート性を重視する

銀行員の靴を選ぶ際には、履き心地とサポート性も大事。

銀行員は長時間、革靴を履き続けるため、足の疲労や不快感を防ぐクッション性とサポート性を考えた準備があるといいです。

アーチサポート、クッションインソール(衝撃吸収)などの機能を備えた靴を探し、一日中最高の履き心地を確保。

さらに、シューズの構造に使われている素材にも考慮しましょう。

適切な通気性を確保し、発汗や臭いの防止に役立つ通気性の良い素材を選ぶこともいいでしょう。

夏場はとくに汗をかくので、通気性に特化したビジネスシューズもOK。

履き心地と足へのサポートを優先することで、銀行員としてのプロフェッショナルな身だしなみを保てます。

革靴のケア:型崩れ防止と靴磨き

 

革靴の手入れといえば、靴磨きが思い浮かびますが、それだけではありません。

革靴を長持ちさせるためには、型崩れを防止することも必要です。

靴べらを使って履く、シューキーパーをつかうなど、靴の形を保つ工夫をすると良いでしょう。

靴磨きは、革の保湿と光沢を保つために不可欠です。

定期的にクリームやワックスを用いて行うことで、革靴をきれいに保てます。

革靴が注目されるビジネスシーン

革靴はビジネスシーンでの第一印象に影響します。

会社訪問、お客さんの個人宅への訪問、会議、接待といったシーンでは、清潔で手入れの行き届いた革靴を履くことで、銀行員としての信頼性を維持できます。

銀行員の革靴は、ビジネスシーンにおける「言葉では語らない、内面を伝えるメッセージツール」ともなります。

清潔で手入れの行き届いた革靴を履くことで、銀行員としての信頼性とプロフェッショナルの印象を強く印象付けます。

 

お客さんや取引先からの目線として、会った銀行員が「ボロボロ」で「くさい」革靴を履いてたらいやですよね。

 

革靴のニオイ対策

革靴は手入れが適切であれば長く愛用できますが、逆に不適切な手入れや履き続けることで生じる問題も考えられます。

ニオイの問題革靴を続けて履くと、汗などが内部に蓄積し、悪臭の原因となります。これはあなたに不快な印象を与えるだけでなく、同僚やお客さんに対しても不快感を与える可能性があります。これを防ぐためには、靴の中に消臭スプレーや消臭シートを使用するか、履くたびに通気性を保つために十分な乾燥時間を確保することが重要です。革靴を脱いで、席にあがる居酒屋で飲み会があったら、革靴がくさいのがバレます。

傷や型崩れ:革靴は履き続けることで、どうしても傷がついてしまします。階段でつま先の部分をすったり、ものがぶつかったり。傷を防ぐためにも、靴磨きをして、靴に傷がつきにくくすることも必要です。また、靴磨きをしながら、クリームで傷を修復できます。また、長時間履き続けると靴の型が崩れる可能性があります。これを防ぐには、使用後はシューキーパーを使用して形状を保つことがおすすめです。

革靴をローテーション:同じ靴を連続して履くのではなく、数足をローテーションすることで、靴一足一足が適切な休息時間を得られるようにしましょう。これにより、革靴はそれぞれの形状を保つだけでなく、内部の湿気も逃がすことができ、傷や型崩れ、悪臭の防止につながります。

また、革靴の脱ぎ履きもマナーの一部です。

外出先で靴を脱ぐシーンでは、素早く丁寧に行うことが求められます。また、必要であれば、消臭スプレーをつかって、ニオイを抑えましょう。

革靴の色選び:銀行員におすすめの色と避けるべき色

 

革靴の色選びも非常に重要です。色は、その人の印象や革靴の使用場面を大きく左右します。

銀行員としては、主に黒の革靴が基本。

黒色はどのようなスーツにも合わせやすく、取引先でも安心して履けます。

一方、茶色の革靴はビジネスカジュアルな場面や、少しカジュアルな雰囲気を出したい時に選びます。

しかし、一般的に、銀行員が茶色の革靴を選ぶことは少ないです。それは茶色がビジネスシーンではカジュアルすぎると感じられるからです。

基本的には黒色の革靴を持っておき、場面に応じて茶色の革靴を履くようにしましょう。

革靴ブランド:銀行員におすすめの革靴とブランド紹介

次に、銀行員におすすめの革靴ブランドについて紹介します。価格と品質のバランスを考えると、英国製の革靴は良い選択と言えます。

特に、“Church’s”や”Crockett & Jones”などの老舗ブランドは、伝統的な製法で作られた堅牢さとエレガントさを兼ね備えています。

ただし、一足の値段も相応にするため、手ごろな値段で数足買える。それに加えて、品質も高く、アフターフォローもある国産メーカーがおすすめです。

 

日本では、“REGAL”や”SCOTCH GRAIN”が銀行員に人気。

これらのブランドは、独自の製法で作られた上質な革靴を提供し、長時間履いても快適さを保つことができます。

REGAL
REGALは1902年の創業以来、靴の企画・製造・販売に従事し、靴を文化・生活の創造の原動力と捉えています。
その経営理念は「安全・安心・満足」、「お客さま第一」、そして「高い信頼」です。
これらを基に、品質重視に徹した靴作りとサービスで、顧客に安全と安心と満足を提供し、コンプライアンスの徹底と人材の育成を通じて、社会から高い信頼を得ることを目指しています。

製造・調達事業においては、国内3つの自社工場で主力ブランド「リーガル」や「シェットランドフォックス」を生産し、年間120万足以上の自社・インポートブランドを製造・調達。
品質重視の靴づくりに日々取り組み、お客さまに安全と安心と満足を提供するとともに、リペア事業にも注力しています。
スコッチグレイン
「Made in Japan」の品質を誇る「SCOTCH GRAIN」は、日本の伝統と進化を融合させたブランド。
靴がどのように作られるかというと、全てが工場で生み出されますが、それは決して全自動の機械によるものではありません。
その製造過程には、人の目と手、そして熟練の技が息づいています。SCOTCH GRAINは、妥協せず、進化を続けながらも、伝統を守り続けています。

SCOTCH GRAINは、日本人の足に合わせた、日常生活で様々な場面で活躍する靴を製造。
その中でも「オデッサ」シリーズは特に人気があり、その万能性と長寿命さで高い評価を得ています。
1964年4月に台東区で創業され、その品質と信頼性を通じて、「Made in Japan」の靴文化を広めています。

 

プロフェッショナルな選択:私が失敗した革靴と成功した革靴

私が過去に犯したミスから得た教訓

わたしは、以前に安価な革靴を購入した経験があります。

私が選んだその革靴は、私の足のサイズに対して大きすぎました。

それを履くたびに足が擦れ、曲がりやすい部分はすぐに破れ、短期間で使用不能になりました。

靴の形状はすぐに崩れ、長時間の使用にも不向きでした。

しかし、一方で高価な革靴を選んだ場合、その靴はブランドの信頼性、品質、そして履き心地の良さが確保されていました。

同じケアをしても、形状は維持されやすく、寿命も長かったです。

これは、価格が高いということが、それに見合う価値を持つことを私自身が経験で確認できたことです。

そのため、銀行員として革靴を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、品質と履き心地が重視です。

そして、自分の足にフィットする革靴を選ぶことにより、一流のプロフェッショナルとしてのイメージを保つことができることを学びました。

 

ファッションの一部としての革靴:ベルトとの色の統一

革靴はビジネススタイルを一段上げるアイテムのひとつです。

特に、革靴の色とベルトの色を統一することは基本中の基本。

これはビジネスファッションの基本ルールで、色を統一することで全体の印象が引き締まり、さらに一体感が出ます。

例えば、黒の革靴を選んだ場合、ベルトも黒にするのが一般的。

同様に、茶色の革靴を選んだ場合、ベルトも茶色に合わせます。色のトーンが微妙に違う場合でも、できるだけ近い色を選ぶようにしましょう。

このように革靴の色とベルトの色を合わせることで、コーディネート全体がまとまり、プロフェッショナルな印象を持たせることができます。

新入社員・新社会人が銀行員として輝くための革靴選び

革靴の選び方一つで「銀行員」としての印象は大きく変わります。

価格だけで選ぶのではなく、品質やデザイン、そして自分の足に合ったものを選びましょう。

例えば、内羽根(うちばね)というデザインの革靴は、上品な印象を与え、ビジネスシーンに適しています。

一方、外羽根(そとばね)はカジュアルな印象で、少しカジュアルなビジネススタイルに適しています。

どちらの形でも問題ありませんので、好みで選んでいい部分です。

そして、足に合った革靴を選ぶことはとても重要。

あまりにも大きい靴や小さい靴は、足を痛めたり、歩き方がおかしくなる可能性があります。

それぞれのデザインとサイズについて知り、自分に合った革靴を選ぶことで、銀行員としてのプロフェッショナルな印象をアップさせられます。

さいごに 銀行員の革靴

銀行員にとって革靴はただの履物ではありません。

それは「銀行員」の皆様が自身を表現するための大切なツールです。

選ぶ革靴一つで、自分自身の価値観やビジネスに対する態度を示すことができます。

自分自身を尊重し、プロフェッショナルな姿勢を維持するためにも、適切な革靴選びを心掛けましょう。

そして、自分に合った革靴を選ぶことで、ビジネスの世界で一歩リードすることができます。

あなたが選ぶ革靴が、あなた自身を最高に見せるための相棒になることを願っています。