「銀行員のための副業マニュアル!今日から始める方法」

銀行員に「おすすめの副業」と「銀行員が副業をするときの注意点」

銀行 副業

この記事はこんな銀行員の方におすすめ

副業の種類が多すぎて、何を選べば良いのか迷う
現在の給与だけでは思うように貯蓄をできない
銀行員としての経験やスキルを活かして、副業で収入を得たい
執筆者
元銀行員。銀行在職時代は「副業せず」(就業規則に則り)←これ大事。銀行に在職していいる時は銀行の就業規則に’’しっかり’’従っていました。
銀行業界で副業が解禁されていた時期の「銀行員が副業をする目的」や「銀行が銀行員に副業を解禁した理由」や、銀行員同士で会話をしていた「副業に対する考え方」なども知っています。すべての銀行に共通するわけではありませんが、副業をお考えの銀行員にはプラスになる内容をまとめています。
銀行に在職中、副業ができると「現在の生活」や「退職後の生活」に余裕ができるでしょう。
銀行員 副業 目指す姿
副業の収入で「生活費に余裕」ができ、「経済的なストレスがを軽減」
銀行を辞めた後に「貯蓄」を増やせる安心感
初期費用を抑えて「リスクを抑えた」副業をスタートできます

銀行業界では「副業」が認められつつある

銀行員 副業 解禁

 

近年では、銀行業界における副業を認める動きが増加中!
銀行員が副業をすることを、会社が認めるケースが多くなっています。銀行が銀行員に副業を認める理由として以下のような例が挙げられます。
副業を通じて、銀行員が「金融に関する知識をブラッシュアップ」「資格取得」
銀行は銀行員に対する給与を上げたくない。自分たちで「給与+副業収入」で家計をやりくりしてほしい

副業で得た「スキル」「経験」を銀行業務に活かしてほしい。その結果、銀行の収益に貢献してほしい
残業時間削減傾向の中で、「他の銀行」「他業界」への転職を考える時間を与えたくない。
この記事では、「おすすめの副業」と「銀行員が副業をするときの注意点」を中心に内容を書いています。
銀行員の方は会社の就業規則を確認し、副業をするかしないかの判断をしてください。
【関連記事】
銀行員のあるある 銀行員のあなたもきっと共感できる内容があるはず!

銀行員におすすめの副業5選

銀行員 副業 おすすめ

銀行員向けの副業を選ぶ際の選定基準
・銀行員としての「看板」を副業にプラスに働かせられる
・銀行員として得た「知識」「スキル」を役立てられる
・銀行の仕事に
支障をきたさないよう、本業を優先できる副業

クラウドソーシング(クラウドワークス)

銀行員 副業 クラウドワークス

クラウドソーシングの大手。「国内シェア・取引額NO.1、ワーカー数NO.1」の大手クラウドソーシングサービス。
銀行員がクラウドワークスで仕事をする場合におすすめなのは、「記事作成 WEBライティング」と呼ばれるもの。
<<クラウドソーシングをおすすめする理由>>

・副業をする時間の柔軟性が高い:
クラウドソーシングでの記事作成 WEBライティングは、自分のペースで仕事を進めらます。「仕事で早く帰れた日に副業」をしたり、「期初・期末・月初・月末は仕事をしない」など、仕事を自分でコントロール可能 ・初期投資が少ない:「パソコンとインターネット環境」さえあれば、仕事を始められる。そのため、初期費用がほとんどかかりません
・金融関連の記事作成は稼げる:
「投資・クレジットカード・不動産、相続」などはブログ運営者が儲かるジャンル!

銀行員 副業 おすすめ理由

1つ目


副業として「時間の融通がききやすい」ところがクラウドソーシング副業をする時のいいところ!
記事作成やWEBライティングは、自分のペースで作業を進められ、納期さえ守れば作業時間や場所を選びません。「期初・期末・月初・月末など」の繁忙期には仕事を控えられます。本業とのバランスも取りやすくなりますね。自宅からパソコンさえ持ち出せば、気分転換とともに「カフェで金融の記事作成」することもできますよ。

2つ目


クラウドソーシングでの記事作成(WEBライティング)は、初期投資が少ない副業。「パソコンとインターネット環境」さえあれば、仕事を始められます。「パソコンとインターネット」を持っている方が大半ではないでしょうか。その場合には、特に用意するものはありませんね。もし、上手く稼げなかったり、自分に合わないと思った場合でもすぐにやめられます。リスクを抑えて副業を始められるということ。
(当然のことですが、クラウドソーシングで上手くいかなかった場合、’’クラウドソーシングにかけた時間’’は戻ってきません)

3つ目


金融関連の記事作成は「高い報酬を得られるジャンル」。投資、クレジットカード、不動産、相続などのテーマは、成約になると、ブログ運営者が高い収益を得られます。紹介報酬や広告収入といったものです。ブログ運営者の期待に応える記事を提供できれば、報酬も上がっていきます。銀行員としての専門知識を活かして書くことで、「エンターテイメント系」といった収益性の低いテーマよりも、稼ぎやすくなることもあります。
高い報酬得るための銀行員の付加価値 「資格」

銀行員 資格


銀行員が持っている資格で有利になるもの 

  • ファイナンシャルプランナー
  • 簿記銀行業務検定
  • 生命保険・損害保険募集人
  • 証券アナリスト
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 証券外務員
  • 証券アナリスト
  • 中小企業診断士宅地建物取引士

銀行員ブランド


銀行員 資格
ブログの記事作成を依頼するクライアントは、記事の正確性や知識の深さを重視します。その中でも特に「銀行員ブランド」「資格」という要素が非常に重要視されます。これは、専門家によって執筆された記事が信頼され、多くの読者を引き付けるからです。以下では、銀行員としてブログ記事作成で成功するためのポイントをまとめました。

1. 銀行員の資格をアピール

自己紹介欄には、以下のような内容を明記しましょう。

  • 銀行勤務の経験
  • 不動産・投資・カードローンに関する知識
  • 銀行勤務の年数

銀行員としての「専門知識」「経験」がクライアントに伝わり、オファーが増えやすくなります。これは銀行員としての特権。ぜひ、この特権を活用しましょう!

2. 本名を明かさずにニックネームで受注

ブログ記事作成では、「本名を明かす」必要はありません。ニックネームでの仕事受注が可能。そのため、身バレの心配がありません。安心して業務に取り組めます。

 

金融関連の案件例

銀行員 資格

案件名:保険商品比較サイトでの保険/金融系記事のライティング業務

  • 文字単価: 固定報酬制 2.0円(8,000円)
  • 1記事あたりの文字数: 4000文字(原稿用紙10枚分)

案件名:金融メディアの記事執筆ライター募集

金融および保険に関するメディアの記事執筆ライターを募集。継続依頼の可能性あり。

  • 文字単価: 固定報酬制 1.2円(6,000円)
  • 1記事あたりの文字数: 5000文字(原稿用紙12~13枚分)

 

Name
案件をこなしていくと、上記案件例の2~3倍の単価は安定的に受け取れます
デメリット
アカウントを作成した直後は仕事を依頼する人が見向きもしてくれないこと。実績が少ない人には仕事を依頼したくないと思う気持ちは、想像すれば容易いことです。地道にコツコツと仕事に応募して、実績を積み上げましょう。
クラウドソーシング初心者の方向けの案件は「単価が低い」ことが挙げられます。30分かけて終わらせた仕事で「100円しかもらえなかった」なんてことも。これは’’初心者でありがち’’ですね。低単価の案件は最初から引き受けないようにしましょう。
稼げない例:
「○○(マンガ)」の内容を500文字でまとめてください(報酬30円)

「○○(転職サイト)」の利用した感想を500文字以上でお答えください(報酬50円)
「○○(化粧品)」を使ったことがある方。感想を200文字以上で教えてください(報酬30円)

ココナラ

銀行員 副業 ココナラ

ココナラは自分のスキルや知識を販売するサイト。銀行員が得意なサービス内容にはこのようなものがあります。
  • 融資のための事業計画書のアドバイス
  • 会社員のためのiDeCo、NISAなどの仕組みの説明
  • 住宅ローンの仕組みの説明
  • 銀行へ就職した大学生へのアドバイス

 

これならできそう!と思えるサービスがあれば、「ココナラ 」がおすすめ。自分でできる仕事をプロフィールに書いておいて、後は待つだけ。会員登録料やアカウント維持費はかかりません。無料でサイト利用できます。

ココナラ公式HP

ブログを始める

銀行員 資格

銀行員がブログを始めるメリット
銀行員 資格

銀行員としての専門知識を活かす:銀行で培った金融知識を活かして、「投資やクレジットカード、不動産、相続」などの専門的な内容を提供できるため、金融業未経験者のブロガーと差別化が図れます。

銀行員の文章力:銀行員は「融資の稟議書作成」や「報告書作成」といった論理的で説得力のある文章を作成する能力があります。(私は例外で、その能力はありませんでした)
スキルアップ:ブログ執筆を通じて、「他人に教えるレベル」の知識を身に付けられるでしょう。ブログを通じて、知識を深めれば、本業にも役立ちます。自分が普段から仕事にしている分野であれば、内容に詳しい銀行員が多くいます。しかし、専門分野から少し外れていたり、未経験の分野ではわからないことが多くあります。そのような専門ではない分野を「ブログで知識をブラッシュアップ」してみてはいかがでしょうか。

 

デメリット
コンテンツ競争が激しい
金融ブログは多く存在して、さらに収益性が高いため競争率が「激高」である分野。SEOと呼ばれるブログをみてもらうための対策やマーケティング戦略を駆使しても、読者を多く獲得するのは簡単ではありません。個人ブログは、大手メディアが運営するHPと競合することはほぼ無理。
費用
銀行員 副業 ブログ費用
  • WordPress 有料テーマ 1.7万円(年会費は必要なく、買い切りのサービス)※無料テーマのものもある
  • サーバー 年間使用料 1.4万円/年
  • ドメイン 3千円/年

写真の販売

銀行員 副業 ストックフォト

自分で撮影した写真をストックフォトサイトにアップロードして、販売する方法。旅行で撮影した写真や動画を販売、趣味を活かせる点がメリット。
ストックフォトサイト:PIXTA(ピクスタ)、写真AC、Shutterstock(シャッターストック)など

銀行員の副業は解禁の流れ

銀行員 副業 各銀行

銀行員副業は徐々に拡大中
みずほ銀行
みずほフィナンシャルグループ(FG)は2019年に銀行員による副業を解禁銀行業界の働き方改革に先駆けた取り組みを実施。みずほFGは行員のスキル向上などを目的として副業を認めました。坂井辰史社長(当時)は、副業によって得たスキルを本業にも活かしてほしいと語っています。

みずほ銀行の副業制度の特徴

兼業・副業は許可制本業に影響を与えない
スキルアップに繋がる仕事
認められる副業内容:ウェブサイト制作、記事執筆、セミナー講師など
本業の業務時間内の副業活動は禁止

広島銀行

広島銀行が2023年4月から銀行員の副業を解禁
対象者:入行2年目以上
目的:副業を通じて、行員のスキルアップ・人脈を広げること
実施状況:6件の申請
今後の展開:グループ各社の従業員にも副業可能対象者を広げる

横浜銀行

横浜銀行は行員のスキルアップとキャリア形成を目的として、2021年10月1日から副業・兼業を認める新制度を導入。

副業解禁は行員の働き方を柔軟にし、銀行業務以外の経験や人脈作りを促進するためとしています。

副業可否 審査内容

銀行員 副業可否

副業・兼業を希望する行員は、人事担当の審査を経て「他社での週2日以内の兼業」「就業時間外での事業経営」を行うことが可能に。人事の審査では「情報漏洩」や「利益相反のリスク」「過重労働の防止」などの確認がされます。副業中も給与などの待遇面に変更はないとのこと。また、育児休業中も副業が認められます。

銀行全体でも副業を推奨していく流れが続いていますね
銀行員 副業 転職
今までであれば、銀行員は収入を上げるために、「転職」という選択肢を取るケースが大半。特に2020年頃から在宅勤務が増え、銀行のみならず、多くの業界で会社員の収入が減少。将来に不安を覚えた、銀行員が不安定な経済状況に備える必要があると考えました。
会社にとっては、副業を解禁することで、銀行から優秀な人材がいなくなることが懸念材料。副業を解禁する銀行が増える理由のひとつとされています。
厚労省「副業・兼業ガイドライン」

厚労省の副業・兼業促進ガイドライン ポイント

  • 労働者の自由を尊重:基本的に副業・兼業を認め、問題がある場合のみ制限。
  • 健康管理の重要性:企業は長時間労働を避け、健康診断やストレスチェックを行う。
  • 労働時間の管理:複数の仕事でも労働時間を合計して管理し、法律を守る。
  • 保険制度の適用:労災保険や雇用保険の適用範囲を明確にし、複数の仕事でも安心。

このガイドラインで、安全に副業・兼業ができる環境が整えられています。

副業を始める前にしておいた方がいいこと

銀行 副業 規則

やってはいけない副業

  • 銀行と利益相反となる仕事
  • 寝る時間を惜しんでやる仕事
  • 他社に雇用される形態(場合によって可能)
Name
例えば、昼間は○○銀行で営業夜は’’副業’’でライバル✖✖銀行の商品をブログで紹介。○○銀行の商品と✖✖銀行の商品を比較して、✖✖銀行の商品を成約。本業の○○銀行に利益を落とさずに、副業の✖✖銀行に利益を上げることになるね。それは、本業の○○銀行が困ってしまうよ。

銀行員の副業がバレる!?

銀行員 副業 バレる

副業をする際銀行に許可をもらっている場合は「副業がバレるかどうか」気にする必要はありません。「副業がバレるかどうか」が気になるのは、副業を銀行に無許可で行っている場合。

銀行員の副業に関してはすべての銀行が解禁しているわけではありません。副業を解禁している金融機関でも、「副業に制限」があるところは多く存在。副業することがバレにくくするにはどうすればよいでしょうか?

銀行員の副業がバレる理由

銀行員 副業 バレる理由

№1 住民税
副業がバレる理由のほとんどが「住民税」。副業で収入があると、「確定申告」ならびに「住民税の納付」が必要になる場合があります。何も対策をしていないと、副業で増えた収入をもとに計算された「増えた住民税」が給料から差し引かれるため、会社にあなたが副業で稼いていることがバレるかもしれません。

副業収入が20万円以下の場合

一般的に、「副業の年収が20万円以下の場合、税金はかからない」と言われることがありますが、これは所得税に関する話。
副業で稼いだ金額が多く(20万円超)、所得税がががる場合には、確定申告書を税務署に提出します。

Name
銀行員が脱税しているとなれば、銀行の信用問題に繋がるね。うっかりでは済まされない問題。銀行はこのリスクも考えているよ。
銀行員 副業 バレる
出典:国税庁HP
確定申告書を作成して、税務署に提出します。
このような書類を銀行内で、銀行員は一度は見たことがあるのではないでしょうか。

給与所得を得ている人が、副業などの給与所得以外の所得が「年間で20万円以下」であれば、確定申告は不要となり、所得税もかかりません。

しかし、この場合でも「住民税の申告は必要」です。市区町村の役所に対して、副業で得た所得についての住民税の申告を行う必要があります。申告を怠ると、「申告漏れ」となり、税務署の調査を受けても逃れられません。自分で地方税の納付が遅れた場合には、納付が遅れた期間によって延滞金が加算されます。

副業収入が20万円を超える場合

銀行員 副業
出典:東京都北区HP
副業で得た利益が20万円以上の場合は、所得税の確定申告を税務署で行います。この際、「住民税に関する事項」で「自分で納付(普通徴収)」を選択すると、副業所得にかかる住民税を自分(普通徴収)で納付できます。

 

住民税の納付方法

銀行員 副業 住民税納付

住民税の納付方法には、「普通徴収」と「特別徴収」の2種類があります。

  1. 普通徴収
    • 市区町村から送付される納税通知書(納付書)を使い、自分で「銀行や郵便局、コンビニエンスストア」などで地方税を納める方法。
    • 副業所得に関する住民税を普通徴収にすることで、勤務先に副業の存在を知られるリスクを減らせます。
  2. 特別徴収
    • 勤務先が皆さん代わり、毎月の給与から住民税を天引きして地方税を納めます。
    • 特別徴収だと、住民税額の増加によって勤務先に副業をしていることがバレる可能性があります。

銀行員 副業に関するQ&A

銀行員は副業が可能ですか?
一般的に、銀行員は副業を制限もしくは禁止されている場合があります。銀行は顧客の資産情報を扱うため、副業がバレると罰則が与えられるリスクがあります。また、銀行員は体力的・精神的にも厳しいため、副業をする余裕がないこともあります。

 

地方銀行でも副業は禁止ですか?
はい、地方銀行でも副業が禁止されていることがあります。各銀行の就業規則などを確認してください。わからない場合には、人事部に確認すると正しい結果を得られます。

銀行員の副業に関するまとめ

銀行員が副業をやる場合には、上司や本部の承認を得る必要性があるケースが多くなるでしょう。
その中で、’’銀行にバレず’’に副業をやるか、’’銀行に承認してもらって’’副業をやるか。悩む方もいるでしょう。銀行員はリスク管理が「命」。副業がバレて、「就業規則違反」になるよりも、「承認を得たうえで」副業をする方が身のためでしょう。
もっと気軽に銀行員が副業をできる世の中になるといいですね。
また、銀行員が数万~数十万円の副業で「プライベートな時間を削り」「副業がバレるリスク」があるのなら、「ハイポジション」「ハイサラリー」を得るために、自分の価値を再確認してみるのもいいでしょう。同じ業種でも、勤務先を変えただけで、年収が100万円以上アップした例もあります。
error: Content is protected !!