仕事終わりにジムへGO!【ストレス解消と体調維持におススメ】

仕事終わりにジム通いをおすすめしたい人

 

この記事を読んでいる方で、このような考えを持っている方はいませんか?

「最近、運動不足で体力が落ちてきた気がする」
「お腹まわりの脂肪が気になるようになった」

「運動をしていないので、運動する習慣をつけたい」

長い一日の仕事を終えて、心身ともに疲れたあとは、「家に帰ってソファでリラックス」したいという気持ちもよくわかります。

しかし、一週間のうち、平日を「1日もしくは2日」ジムに通うことで、心身ともにメリットをもたらすことがあります。

例えば、「ストレスの軽減」や「睡眠の改善」など、仕事後の運動は良い状況をつくりだすことがあるのです。

 

このブログでは、仕事終わりのジム通いをテーマに、効果的な運動方法、疲れを残さないテクニック、モチベーションの維持などをお伝えしています。

仕事と健康のバランスを取りながら、充実した人生を送るための情報を提供します。

 

銀行員「あるある」「暗黙の了解(ルール)」を元メガバンカーが紹介

 

この記事で目指す姿

 

  • 運動不足のひとがトレーニングを始めると、体力が向上し、持久力が身につく。
  • 継続的なトレーニングにより、筋力がアップし、引き締まったボディラインを手に入れられる。
  • トレーニングによって代謝が活性化し、脂肪燃焼効果が高まる。
  • より健康的な体重になり、自信を持って自分の姿を受け入れられるようになる。
  • 適度な運動によりストレスが軽減され、心身のリラックス効果を感じられる。
  • より良質な睡眠が得られ、朝の目覚めが爽やかになる。

 

 

執筆者情報
今までに、駅前大手トレーニングジムやボディビルダーが多数在籍するジム、市区町村運営の公共ジム、そして勤務先が運営しているジムなど、さまざまなジムでトレーニングを行ってきました。様々なジムに通いながら、仕事帰りのジム通いのメリットとデメリットを経験。その経験から、効果的な運動方法や疲れを残さないテクニック、モチベーションの維持などを紹介しています。専門的な知識と実践的な経験に基づき、読者の皆さまに信頼できる情報を提供することを目指しています。ジム通いに関する権威性と信頼性を持ち、読者の健康と充実した生活をサポートします。

 

【仕事終わりにジムへ行くメリット】

 

長い一日の仕事を終えて、家に帰って「テレビをみたり」「SNSをしたいでしょう」

しかし、仕事終わりにジムへ行くことには多くのメリットがあります。
ジムでの運動は、カラダの健康を維持するために効果があります。

 

  • 運動不足の人がトレーニングを始めると、体力が向上し持久力が身につきます。定期的な運動によって筋肉が発達し、心肺機能が向上。これにより、日常の活動において疲れにくくなり、仕事でのパフォーマンス向上にもつながります
  • 継続的なトレーニングは、筋力を向上させるために重要。定期的な運動により筋肉は刺激され、成長します。筋肉が発達することで基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効率が向上します。その結果、トレーニングにより引き締まったボディラインを手に入れられます。筋肉は体を引き締めるだけでなく、からだのバランスや姿勢を改善。まわりからの印象もかわります。
  • 適度な運動はストレスを軽減し、心身のリフレッシュを促します。
    ”運動中に放出されるドーパミンやセロトニンのような、幸福感を与えてくれる各種の神経伝達物質もまた、ストレスと闘ってくれる。 それらは脳の快楽系と報酬系を制御している物質で、気分を調整し、希望に満ちた気持ちをもたらす。 慢性的なストレスは脳内のドーパミン分泌量を低下させるが、運動はそれを回復させることができるのだ”
    引用:NIKE https://www.nike.com/jp/a/exercise-reduce-stress
  • 睡眠の質を向上させる効果もあります。
    国内外の疫学研究(数千人を対象とした質問紙調査)において、運動習慣がある人には不眠が少ないことがわかっています。とくに睡眠の維持に習慣的な運動の効果があるようです。運動の内容も睡眠に影響します。1回の運動だけでは効果が弱く、習慣的に続けることが重要です。その効果として、寝付きがよくなるのと深い睡眠が得られるようになります。特に高齢者など普段から不眠がちな人に効果が大きいようです。激しい運動は逆に睡眠を妨げますので、負担が少なく長続きするような有酸素運動(早足の散歩や軽いランニングなど)が良いでしょう”
    引用:厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-004.html

さらに、ジムでのトレーニングは筋力や持久力の向上につながり、日常生活や仕事のパフォーマンスを向上させることにも効果を発揮するでしょう。

 

健康は人生の中で欠かすことのできないテーマです。
仕事終わりにジムへ行くことで、健康を維持し、充実した人生を送る基礎を気づいてみてはいかがでしょうか

 

仕事終わりにジムに通うことのデメリット

ジムに通うことにはいくつかのデメリットが存在します。

  • 時間の制約: 当然のことですが、ジム通うためには、「ジムまでの移動時間」「トレーニング時間の確保」が必要。そのため、最低でも1時間~2時間はプライベートな時間を確保する必要があります。資格勉強やお客さんの接待、残業がおおい社会人のような、忙しいスケジュールに追われる人にとっては時間的な制約が生じる可能性があります
  • 費用: ジムへの月会費や入会費などの費用がかかるため、経済的な負担となる場合があります。
  • 交通の手間: ジムが遠くにある場合、通勤や帰宅途中にジムに立ち寄るための交通手段を確保しなければならないことがあります。
  • ジムの混雑状況: 特にピーク時にはジムが混雑し、マシンの使用に待ち時間が発生する場合があります。これにより、「じぶんのペースでトレーニングをしたい」「マシンが埋まっていておもうようにトレーニングをできなかった」ということがあるかもしれません。
  • 自己意識: 人目が気になる環境でのトレーニングは、プレッシャーを感じることがあるかもしれません。

 

解決法

 

  • 時間の制約:早く帰れる曜日をジムにいく日に設定したり、スケジュール管理を徹底し、トレーニング時間を確保するために他の活動を調整する。
  • 費用:ジムごとの会費を比べて、自分に必要な設備やサービスを比較して、会費をできるだけ抑えましょう。また、ジムの会員特典や入会金割引期間の利用などもおすすめ。
  • 交通の手間: ジムの立地を考慮し、通勤経路に近いジムを選ぶことで重要。また、自転車や徒歩での通勤も可能であれば、検討することも一つの解決策です。全国に店舗を拡大しているchocozap (全国1,370店舗以上 ※ 2024年2月29日時点)であれば、通いにくさを解消できるでしょう。
  • 混雑: ジムの混雑状況を把握し、ピーク時を避けることで待ち時間を減らすことができます。ジムの利用時間を仕事が早く切り上げられる日にしたり、カフェで勉強後、遅い時間帯にトレーニングをはじめたり、混雑が少ない時間帯を選ぶと効果的。最近ではスマホのアプリで混雑状況を確認できたりします。積極的に活用しましょう。
  • 自己意識: 自己意識を軽減するために、トレーニングメニューやフォームについてトレーナーにきいたり、YouTubeで調べて学びましょう。また、ジムのスタッフや他のメンバーとのコミュニケーションを通じてリラックスした雰囲気を作ることも大切。

これらの対策を実践することで、ジムに通う際のデメリットを最小限にし、より快適なトレーニング環境を築くことができます。

【仕事終わりのジム通いでのストレッチの重要性と効果的な方法】

 

仕事終わりのジム通いでは、ストレッチの重要性を理解し、効果的な方法を取り入れることが大切。

ストレッチは、筋肉をほぐし、柔軟性を向上させる効果があります。

まず、ウォーミングアップとして全身を軽く動かすことから始めましょう。身体を温めることで筋肉の柔軟性が高まり、ストレッチ効果も向上します。

ストレッチの際には、正しいフォームと呼吸法に注意しましょう。ゆっくりと動かし、無理な力を入れないように心掛けます。また、痛みを感じたら無理せず、緩めるか止めることも大切。

重要なポイントは、全身のバランスを保つことです。特定の部位に偏らず、全身の筋肉を均等にストレッチすることで、柔軟性や可動域を広げることができます。

 

 

仕事終わりのジム通いでのストレッチは、怪我の予防や身体の回復にも役立ちます。正しい方法で行い、効果的に取り入れましょう。デスクワークで肩こりがひどい人は肩甲骨や首の周りの筋肉をほぐすと肩こり防止にもつながりますね。

【仕事帰りのジム通いを無理なく続けるアイデア】

仕事帰りのジム通いを無理なく続けるためには、いくつかのアイデアが役立ちます。

まずは、ジムへの通いやすさを重視しましょう。

勤務先近くや自宅近くにあるジムを選ぶことで、通いやすさと時間の節約ができます。

次に、計画的なスケジュール管理が重要。

仕事終わりの時間をジム通いに充てるために、仕事中や休憩時間に予定を調整しましょう。また、週ごとのトレーニングプランを立て、目標を設定することも大切です。

さらに、無理なく続けるためにはモチベーションの維持も必要です。

自分に合ったトレーニング方法を選び、楽しみながら取り組むことがポイント。

また、仲間と一緒に通うことで刺激を受けることも効果的です。

 

 

仕事帰りのジム通いを無理なく続けるためには、自分の生活スタイルや体力に合わせた工夫が必要です。自分のペースで取り組みながら、健康への意識を持ち続けましょう。

 

仕事帰りでも通いやすいジムの特徴

  • 通勤経路にあるジム:自宅や勤務先、通勤経路に近い場所にあるジムは通いやすい条件のひとつです。交通の便がよく、アクセスしやすい場所を選ぶことで通いのハードルが下がります。
  • 営業時間の柔軟さ: 仕事終わりの時間帯にも営業しているジムは便利。長い営業時間を持っている場合、自分の都合に合わせてトレーニングすることができます。
  • 充実した設備と施設: トレーニングに必要な設備や施設が充実しているジムは、通いやすさを高めます。多様なトレーニングマシンやウェイト、グループエクササイズのスタジオなどがあるとモチベーションアップにもつながります。
  • 清潔で快適な環境: 衛生管理が行き届いており、清潔で快適な環境のジムは通いやすいです。清潔な更衣室やシャワールーム、トレーニングエリアなどが清潔であるかをチェックしましょう。

これらの特徴を備えたジムは、仕事終わりに通いやすく、継続的なトレーニングにも適しています。

自分のニーズやライフスタイルに合わせて、通いやすいジムを選びましょう。

 

【仕事帰りのジム通いで疲れを残さない方法を解説】

仕事帰りのジム通いでは無理なく、疲労感を残さないようにトレーニングをおこなうことが大切。

まずは仕事が終わったら、自分の体調を確認しましょう。

「熱っぽい」や「だるい」「気持ちがわるいかな」という場合には、もちろんジムにいくことをやめる。
また、仕事が超絶に多忙で、「昼休みをとれずにランチも食べれなかった。目が回りそう」といった場合にも、無理せずにジムに行かないという選択肢も必要。

 

ジムに向かう前、もしくは向かっている途中に、栄養補給を行いましょう。

仕事後の食事は、エネルギーを補給するために重要です。バランスの取れた食事を摂り、十分な水分補給を心がけましょう。

 

 

トレーニングを行うまえにストレッチを行うことも重要。

身体をほぐし、柔軟性を高めることでケガの予防にもつながります。

また、トレーニングの内容や強度を自分の体力に合わせて調整することも必要です。無理な負荷をかけずに、自分のペースで取り組みましょう。
トレーニング中に適度な休息をはさみ、オーバーワークにならないようにしましょう。

仕事帰りのジム通いは、効果的に行うことで疲れを残さずに健康を維持できます。

 

上手に時間を使い、自分の体調に合わせた工夫をすることをおすすめします

 

 

仕事帰りにジムに行く前の軽食

トレーニング前に摂取すると吸収がよく、上記の条件にあてはまる食べ物や飲み物は以下のようなものです。

  • バナナ: 炭水化物とビタミン・ミネラルを含むバナナは、トレーニング前のエネルギー補給に最適です。消化がしやすく、速やかにエネルギーとして利用されます。
  • ヨーグルト: タンパク質やカルシウムを含むヨーグルトは、筋肉の修復や成長に役立ちます。また、消化がしやすく吸収が良いため、トレーニング前の軽食として適しています。
  • エネルギー補給ゼリー: 炭水化物や電解質を含んだエネルギー補給ゼリーは、吸収が速く消化に負担をかけずにエネルギー補給ができます。トレーニング前に手軽に摂取できる便利。

これらの食べ物や飲み物は、トレーニング前に必要な栄養素を効率的に摂取するのに役立ちます。

 

 

トレーニング前に軽い食事を摂る場合、消化にかかる時間を考慮して、トレーニング開始の60分前くらいに摂取することが理想的。

30分くらいまえであれば、消化によりよい食べ物や飲み物を選択しましょう。

このタイミングであれば、食事が消化されてエネルギーが身体に利用される準備が整います。

 

ジムが職場から近い場合には、勤務中に栄養補給をしてもよいでしょう。

おススメトレーニングジム

chocozap は、月額2,980円(税別)通い放題の24時間無人ジムです。リーズナブルな価格設定でありながら、多彩なサービスを提供しているため、忙しい現代人にとって最適なジムです。以下に、チョコザップの魅力を具体的に紹介します。

コスパ抜群の月額料金

chocozapの月額料金は2,980円(税別)と非常にリーズナブルで、ジムに頻繁に通うことができる方には特におすすめです。他のジムでは月額7,000円以上が一般的ですが、chocozapはその半額以下で利用可能です。

24時間営業で通いやすい

chocozapは24時間年中無休で営業しているため、仕事や家事で忙しい方でも、自分のペースでトレーニングできます。例えば、早朝や深夜の時間帯でも利用できるため、ライフスタイルに合わせた柔軟な利用が可能です。

多彩なサービス

chocozapでは、トレーニングマシンの他にセルフエステやセルフ脱毛、セルフホワイトニング、セルフネイル、マッサージチェアなども利用できます(店舗によります)。これらのサービスが月額料金に含まれているため、エステや脱毛サロンに通う費用を節約することができます。

入会手続きが簡単

chocozapの入会手続きは、スマホ一つで完結します。公式サイトから簡単に登録でき、入会金や事務手数料を合わせた初期費用もリーズナブルです。また、退会手続きもスマホで簡単に行えるため、安心して始められます。

利用者の口コミ

実際の利用者からは「24時間利用できて便利」「マシンの種類が豊富で満足」「セルフエステが気軽にできる」といった高評価が多く寄せられています。ほかにも、「仕事終わりに通えるのが嬉しい」「無人でもセキュリティがしっかりしていて安心」といった利用者の声も多く見られます。

chocozapは、リーズナブルな価格で多彩なサービスを提供する、忙しい現代人に最適なジムです。ぜひ、この機会にchocozapでのトレーニングを始めてみてください!

Q&A

Q: 入会金はいくらかかりますか?

A: 入会金は3,300円(税込)です。

Q: 事務手数料はいくらですか?

A: 事務手数料は2,200円(税込)です。

Q: 入会手続きはどのように行いますか?

A: 入会手続きは公式サイトから簡単に行えます。スマホで完結します。

Q: 退会手続きは簡単ですか?

A: 退会手続きもスマホで簡単に行えます。

Q: 無人ジムですが、セキュリティは大丈夫ですか?

A: 無人ジムですが、AIカメラが設置されており、セキュリティはしっかりしています。

Q: 初回の支払いはどうなりますか?

A: 初月の日割り料金と翌月1か月分の費用がかかります。

Q: 服装はどうすればいいですか?

A: 服装は自由で、土足OKです。

Q: トレーニング以外のサービスの予約方法は?

A: トレーニング以外のサービスはアプリから予約が必要です。

Q: 初心者でも利用できますか? A: はい、初心者でも気軽に利用できます。

chocozap 公式HPをみる

 

【まとめ】

ジムに通うことで仕事終わりのストレスを解消し、心身のリフレッシュをはかれます。
日々のパフォーマンスをあげるためにも、「仕事終わりにジム」へ通ってみましょう!
ジムに通う際には、トレーニング前の軽食で栄養補給が大切。

トレーニング前後の適切な食事や栄養素の摂取を意識し、体の回復と成長をサポートしましょう。
ジムに通う際にはデメリットや課題もありますが、時間や費用、混雑などの問題に対して対策を立てることで克服できます。

 

 

ジムに通うことで体力向上や健康促進、心のリフレッシュを実現できます。仕事終わりのジム通いを通じて充実した人生を送るために、ぜひ仕事終わりにジムに通ってみてください!