日経新聞・電子版の購読を安くしたい!【元メガバンカーが認めるメソッド4選】

目次

日経新聞 購読料 198万円! (30年間) 安くしたい!

5,500円 × 12か月 × 30年 = 1,980,000円

198万円という金額は日経新聞 朝刊・夕刊 5,500円/月を30年間購読した金額。

5,500円 × 12か月 × 30年 = 1,980,000円

この数字を見て、驚かれる方が多いと思います。

社会人のマストアイテム「日経新聞」にはこれだけのコストがかかります。

この記事はこんな方におすすめ

  1. 毎月の購読料が高く感じる。
  2. 日経新聞の購読を続けたいが、学生や新社会人のため、予算が限られている。
  3. 割引やキャンペーン情報を探すのが面倒。

日経新聞電子版の会員になることで費用は下がり、4,277円/月で有料記事を読み放題になります

とはいえ、これほどのお金を払って、日経新聞を読みたいですか?

この記事を読んで、割引を利用して、賢く購読料を節約。年齢割を活用して、お得に購読。最新の割引キャンペーンに活用していただけたら嬉しいです。

 

記事の執筆者
10年以上の銀行員経験を持ち、メガバンクで資産運用から金融商品の提案・販売まで多岐にわたる業務を経験。証券外務員一種二種に合格し、ファイナンシャルプランナーとして1000件以上の相談に対応。10年以上、日経新聞を購読。日経新聞や他の媒体をつかっての経済情報の収集を実施。その専門性と信頼性で読者に役立つ情報を提供します。

 

【勉強時間】FP2級試験合格への道 銀行員編

日経新聞購読料 年間 66,000円

5,500円 × 12か月 = 66,000円

毎年、6万円近くのお金が日経新聞の購読料です。

 

もし、この6万円を浮かせることができたらどうでしょうか?

浮いたお金で

  • 年に一回の海外旅行でワンランク上のホテルに宿泊
  • 友人や家族と記念日にレストランで豪華な食事
  • 将来に備えて貯蓄に回す

やりたいことができます。

 

日経新聞を読むことは銀行員に欠かせません。

ですが、これほどの金額を毎年払いたいですか?

 

実はこの日経新聞購読料を無料やおとくにする方法があります!

この記事では、日経新聞を無料やおとくに読む方法をお教えします。

日経新聞購読料 値上がりした

日本経済新聞社は、2023年7月1日から朝刊・夕刊の月額購読料を4900円から5500円(消費税込み)に改定。

これは5年8カ月ぶりの購読料改定で、歴史的なインフレーションによる原材料費、人件費、燃料費の高騰が主な理由となっています。

同社は経費削減や事業再構築に取り組んでいますが、使命を果たし続けるためには購読料の改定が必要だと判断。

今後も新しいジャーナリズムへの挑戦やグローバル報道強化など、質の高いコンテンツ提供を続けていきます。

紙面改革も予定されており、科学技術の「サイエンス・フロンティア」面の新設や、「ダイバーシティ」面へのリニューアルなどが行われます。

日経電子版の月購読料は4277円のまま、セット料金も提供されます。

安く購読するなら「23歳以下ならU23割ロングが最強!」※2024年春は終了 次回に期待

日本経済新聞 春割

日経電子版 U23春割について

23歳以下の方にはこれがおすすめ!
※ただし、年齢と申込期間の縛りがありので、すべての方におすすめではありません。

キャンペーン概要

「日経電子版 U23春割」は、23歳以下の方を対象としたお得なキャンペーンです。キャンペーン内容は以下の通りです。

  • 2カ月間無料お申し込み日から2カ月間、日経電子版が無料で利用できます。
  • 12カ月間40%OFF:その後、12カ月間は月額料金が40%オフ。この割引により、最大20,532円もお得に!

対象者

  • 23歳以下の方(2024年3月18日から2024年5月16日までに申し込む必要があります)
  • 未成年の方は親権者の同意が必要
  • 現在、日経電子版を利用していない方

注意事項

  • 途中解約しても解約金はかかりません。
  • キャンペーンは一度のみ適用されます。
  • 対象者条件を偽って契約すると、正規料金との差額が請求されます。

日経電子版の魅力

  1. 幅広いコンテンツ:経済、ビジネス、マネー、キャリアなど多岐にわたるニュースや解説をいつでもどこでも閲覧可能。紙面イメージ形式での閲覧も可能です。
  2. フォロー・保存機能:気になる企業やキーワードをフォローして記事を自動収集。後で読みたい記事を保存できます。
  3. 使いやすいレコメンド機能:「For You」機能で、利用目的や興味に応じた記事を提供。電子版初心者におすすめです。

日経電子版ならではのコンテンツ

  • 基礎から日経:ニュース解説からビジネススキルまで、基礎から学べるコンテンツ。
  • Think!:各界のエキスパートによる注目ニュースの解説。
  • 入社1年目で知っておきたかった会計の基礎知識:ビジネスパーソンに必要な会計の知識を分かりやすく解説。
  • 学び×プレゼン:「プレゼンの神様」澤円さんがプレゼンのコツを伝授。
  • 部長の倒し方:ベストセラー作家岩瀬大輔さんが部長を味方につける方法を紹介。
  • 業界研究:就活や仕事に役立つ業界動向や主要企業のニュースを提供。

社会人になりたての時期は日経新聞を購読することがいいのか悪いのかがわからないため

このキャンペーンを利用して日経新聞を購読することをおススメします。

 

 

購読料 日経新聞 朝刊のみを購読する 4,800円/月

プラン 価格
新聞+電子版 朝刊・夕刊 6,500円/月
新聞+電子版 朝刊のみ 5,800円/月
朝刊・夕刊 5,500円/月
朝刊のみ 4,800円/月
日経電子版有料会員(朝刊・夕刊+有料記事読み放題) 4,277円/月

もし、新聞+電子版 朝・夕刊(6,500円)を約30年間購読した場合

6,500円 × 12か月 × 30年間 234万円

何も考えずにすべての方法で申し込みをして、約234万円を支払うことだけは慎重に考えましょう。

選択肢が多岐にわたるため、自分のライフスタイルやニーズに最適なプランを選ぶべきです。

 

 

【おすすめ】COCORO BOOKSで「日経新聞 電子版」を「お得」に「安く」読む

「日経新聞 電子版」は、シャープの電子書店 COCORO BOOKSを利用することで、毎月お得に購読できます。

申込月は無料
ポイント利用でお得に購読
有料会員限定サービスを利用可能

例えば、COCORO BOOKSで「ゴールドプラン」に申し込むと、毎月4,000円で4,400円分のポイントを獲得でき、このポイントを使って『日本経済新聞 電子版』を購読することができます。

電子版のメリット

  1. スマートフォンで朝夕刊がすぐ読める
    • 通勤途中や出張先でも、スマホやタブレットでいつでも読めます。
    • 画面サイズに合わせたレイアウトで読みやすく、文字サイズも調整可能。
  2. 有料会員限定サービスを利用できる
    • 記事の保存や過去記事の検索が可能。
    • 設定したキーワードに関連する記事を自動で収集。
    • 紙面そのままのレイアウトで楽しめる紙面ビューアーも利用可能。
  3. ポイント利用でお得に購読できる
    • COCORO BOOKSポイントを活用することで、実質的にお得に購読可能。
    • ゴールドプランでは、毎月4,000円の支払いで4,400円分のポイントがもらえる。

手続き方法

  1. COCORO BOOKSポイントを購入『日本経済新聞 電子版』の申し込み前でも後でも購入可能。
  2. 定期購読の支払いにポイントを利用COCORO BOOKSにログインし、[アカウント]ボタンから[COCORO BOOKSポイント情報]へ進み、「定期購読へのポイント利用」の設定項目で「優先する」を選択。

「日経新聞 電子版」は、便利でお得な購読方法が豊富にあります。特に、COCORO BOOKSを利用することで、ポイントを活用したお得な購読ができます。

Q&A

Q: COCORO BOOKSポイントはクレジットカードでしか購入できないのですか?

A: はい、COCORO BOOKSポイントはクレジットカードでのみ購入可能です。ただし、キャンペーンで無料ポイントが付与されることがあります。その場合、クレジットカードを登録していなくても利用できます。

Q: COCORO BOOKSポイントの有効期限はどこで確認できますか?

A: 「アカウント」メニューの「COCORO BOOKSポイント情報」から確認できます。有効期限はポイント取得日から5か月後の月末までです。ポイントは有効期限の近いものから自動的に消費されます。

Q: 新聞を定期購読している場合、月額定期ポイントの自動購入分のポイントは新聞の購読代金として利用できますか?

A: はい、利用できます。ただし、「アカウント」メニューの「COCORO BOOKSポイント情報」で「定期購読へのポイント利用」で「優先する」を選んでおく必要があります。

 

COCORO BOOKS公式HPはコチラ

楽天証券

楽天証券に口座開設して、日経新聞の購読料を無料にできます。

メリット

  • 日経新聞 5,500円/月 66,000円/年 を「0円」にできる
  • 楽天証券に口座開設後、オンライン証券ならではの手数料が低い運用商品を購入可能
  • 楽天証券の運用レポートを読める

 

デメリット

 

  • ニュースがテキストベースのため「読みにくい」
  • 楽天証券に口座開設手続きが必要
  • 口座が増えると管理が面倒

銀行窓口で販売している投資信託よりも、楽天証券の運用商品の方がコストが低く設定されているものがあります。

今までは銀行のみで運用していた方は日経新聞の購読料を下げつつ、運用コストを下げられる楽天証券はいかがでしょうか。

日経テレコン(楽天証券版)でご提供しているサービス

日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)

過去1年分の新聞記事検索

日経速報ニュースの閲覧

※配信内容は、楽天証券用にカスタマイズされています。

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/investment/nikkei.html

注意しなければいけないこと

楽天証券経由で日経新聞を読む場合、日経電子版で読むような紙面ビューアがつかえません。

日経電子版ではスマホやタブレットで、新聞で読む感覚でニュースを読めます。

しかし、楽天証券経由で日経新聞の内容を読む場合、Yahooニュースのようなテキストベースでの内容となります。

 

格安スマホ(mineo)で24か月間660円割引!

スマホのキャリアをmineoにすることで、日経新聞の購読料を割引にできます。

COCORO BOOKSよりも割引額は大きくなりますが、スマホのキャリアを変えないといけないことは手間がかかります。

mineoの「日経電子版」サービス概要

特典:

  • 初月無料
  • mineo利用料金から24カ月間660円割引
  • 毎月データ容量2倍

主な内容:

  • 朝刊・夕刊、オリジナル記事が読める
  • 専用アプリで紙面ビューアーも利用可能
  • ビジネスや投資家向けの豊富な情報を提供

利用方法:

  1. mineoでお申し込み
  2. 日経IDに登録
  3. 専用アプリをダウンロード

 

銀行員「あるある」「暗黙の了解(ルール)」を元メガバンカーが紹介

 

比較表

COCORO BOOKS 楽天証券 mineo
料金
紙面 見やすさ
手続 面倒さ

 

日経新聞を購読するメリット

「日経新聞」の購読には次のようなメリットがあります。

  1. 最新の経済情報を手に入れられます: 日経新聞は、国内外問わず。経済、政治、社会などの最新ニュースを日々、提供します。
  2. 経済からの専門的な見地を得られます: 日経新聞には、専門家の解説記事や分析記事が多数掲載されます。
  3. ビジネスマン視点での情報を得られます: 日経新聞は、国内外の商業・経済情報を提供し、解説をいれているため、ビジネスマンや投資家にとって重要な情報を手に入れられます。
  4. 長期的なアーカイブを利用できます: 日経新聞は過去の記事を保存していますので、サービスのひとつとして過去の情報も検索して閲覧ができます。

日経新聞を購読するデメリット

「日経新聞」の購読には以下のようなデメリットがあります。

  1. 費用がかかる: 日経新聞は有料の新聞であり、定期的に購読料がかかります。
  2. 情報が遅れる場合があります: インターネット上の情報がすぐに更新される一方で、日経新聞は印刷された後に配信されますので、最新の情報を得ることができない場合があります。アメリカで発表された経済情報は朝刊に間に合わない場合があります。
  3. 経済の情報には強いけど、娯楽には強くない: 日経新聞は主に経済・ビジネスに関連するトピックを取り上げていますので、他のトピックには弱いです。エンターテイメント系。エンターテイメント系の情報が欲しい場合には、スポーツ新聞を売店で買いましょう。

 

以下は銀行での朝礼マーケット発表 スピーチの作り方

①日経新聞

日経新聞は、日本最大の経済紙。日経新聞は、日本の経済、政治、国際情勢、科学技術、文化などに関する最新のニュースを提供します。また、投資やマネーに関するアドバイス、専門的な分析なども掲載しています。日経新聞は、日本で最も歴史ある紙とされ、信頼性と深い専門知識によって知られています。そのため、銀行員同士の日常会話で日経新聞の話題がでてきたり、お客さんから日経新聞に載っている内容を話題に出されたりします。

仮に話題を知らなかったりすると恥ずかしい思いをします。

日経新聞マーケットまとめ欄

日経平均株価を含めた前日の取引終了後の総括を含めた見解が記載されています。わかりやすいのでチェック!

デメリット みんな読んでいる 内容が単調

日経新聞の一日のマーケットまとめを
朝礼でそのまま読んだり、抜粋して読んでいるだけだと周りから飽きられます。

そのためでいることならもう少し内容を深く掘り下げて情報収集しましょう。

 

【関連記事】

銀行の朝礼を【元銀行員】がわかりやすく説明

 

②Twitter ウォールストリートジャーナル、Bloomberg、ロイターをフォロー

Wall Street Journal (WSJ)

Wall Street Journal (WSJ)は、アメリカの日刊紙であり、ビジネスや金融ニュースを中心に報道しています。1889年に創刊され、現在はニューズコープが所有。WSJは、世界で最も尊敬され、影響力のある金融関連の出版物の一つとされており、多くのビジネスや金融関連のプロフェッショナルや、最新の経済・金融ニュースに興味を持った投資家に読まれています。WSJは、グローバル・国内の経済ニュース、株式市場動向、企業ニュース、テクノロジーなど、幅広いトピックを取り上げています。また、金融市場、ビジネス戦略などに関する詳細な分析やコメントも提供しています。

Bloomberg

Bloombergは、1981年にマイケル・ブルームバーグによって設立。ビジネスや投資家に世界中でリアルタイムの金融市場データ、ニュース、分析を提供。Bloombergは大規模な金融ニュースサービスや、金融ツールのスイートを運用しており、ファイナンス、投資銀行、その他の金融業界のプロフェッショナルがリアルタイムでデータ、ニュース、分析にアクセスできるツールの提供をしています。金融機関によってはBloombergの、高品質かつ信頼性の高い金融ニュース・情報を有料で使用していることもあり、金融機関からの信頼も厚い。

Reuters

Reutersは、世界中のメディア機関、企業、個人にニュースや情報を提供する多国籍ニュース組織です。1850年代に設立され、ロンドンに本部を置いています。Reutersは世界で最も尊敬されているニュース組織の一つであり、国際ニュース、政治、ビジネス、金融、経済などに関する公正で正確な報道で知られています。

 

無料で情報を得られますが、内容は海外のマーケットに影響を与える重要な情報ばかり。見逃せません。

一日のマーケットのまとめ記事がでることがあります。それを見ると、一日の経済の動きがわかりやすい。
職場の人のおおくはTwitterを利用して、ウォールストリートジャーナルやBloombergのニュースをチェックしていないため、
内容を朝礼で発表してもばれません。

③BloombergのWebサイト

相場全体の動きというよりは株の動向や債券の金利動向等の個別の内容が主体に
なるのでマーケット発表の全体感が出来上がったときに
個別の情報をより深堀りさせたいときに使えます。

④経済レポート  ドットコム

http://www3.keizaireport.com/

経済レポートを検索するサイトです
WEBサイトをみていただくとわかりますが、カテゴリ別でわかりやすい。

 

 

各種レポートがカテゴリ別に分かれています。
また検索窓がありますので
自分が探したいキーワードで直接
レポートを調べることができます。

情報ソースが明らかにされている

このサイトの良いところは
各種レポートを作成しているところが

野村総合研究所であったり第一生命経済研究所等のため情報ソースが明らかになっています。

 

無料 会員登録不要

会員登録や月額料金を支払うことなく閲覧可能です。

朝礼でそのままレポートの内容を丸パクリできることもあります。

マーケット動向を考えるのが苦手な方におすすめです。

 

④radiko

日経新聞チャンネル 耳で聞く

音声で情報を得られるので
満員電車に揺られながら通勤する人におススメ。
日経新聞のチャンネルもラジコにあります。
ただし内容は日経新聞の抜粋になるので
ラジコで日経新聞を聞く場合には
少し物足りなさを感じます。

疲れている朝に
目を閉じながらマーケットや経済情報を得ることができるところがポイントです。

⑤森本毅郎 スタンバイ!

経済中心ではありませんがたまに経済内容を森本さんが番組内で話すことがあります。

世の中の動向を知るために役立ちます。 
こちらの音声で経済情報を得ることができます。
経済情報が中心ではなく
政治等の内容が多い傾向にありますが
森本毅郎さんはご自身で各社の新聞を読み
ご自身の見解で話をされています。
とてもわかりやすく解説をされています。
こちらも音声で情報を得ることができることもメリットです。

金曜日 伊藤洋一

金曜日には金融アナリスト 経済ジャーナリストの
伊藤洋一さんが番組に出演します。
伊藤洋一さんがしているときは
経済の内容が中心になりますのでとても参考になります。

⑥テレビ東京 モーニングビジネスサテライト

情報の新鮮さ

前営業日の経済状況を基にニュースを作成しているため

朝礼とニュースを知るタイミングにタイムラグが少ない。

日経新聞では掲載しにくい米国の経済ニュースがより手に入れやすいです。

そして、新聞やネットニュースと違い話口調であるため

朝礼の相場発表・お客さんとの接客で引用しやすいです。

有料会員

また有料会員になると通勤途中で番組を聞くことができますので

必ずしも自宅で番組を視聴しなければいけない。

番組を録画しないといけないということはありません。

通勤中に情報を集められるメリットがあります。

そのため有料会員への登録をおすすめします。

料金は月額 550円。年額5,500円なので手頃な値段で視聴できます。

 

まとめ 日経新聞購読を無料やおとくに購読する方法

この記事では日経新聞をお得に読む方法をお伝えしました。

23歳以下・キャンペーン期間内であれば
「日経新聞 割引キャンペーン」
上記以外の方の場合には
「紙面の読みやすさ」「ポイントで毎月の購読料を抑えられる」ことから
COCORO BOOKSがおすすめです!